タイのPinklao Clinic(ピンクラオクリニック)でヒゲをレーザー脱毛することにしました

2018年2月11日タイ

ヒゲをレーザー脱毛するよ

毎日剃るならもはやヒゲ要らないよね…!ということでレーザー脱毛することにしました。

目的はヒゲ剃り負担の軽減の為。私のヒゲは濃くないのですが、肌が弱いので、ひげ剃りの度に肌が荒れます。又、皮膚が薄くて白いので、血がでるほど剃ってしまいがち。

毎朝貴重な時間を割いてヒゲそりして、皮膚を痛めるなんて苦労を今後ずっとし続けるくらいなら、ヒゲなんて焼き払ってやる!

予約

思い立ったらすぐ行動ということでさっそく予約を入れました。医療レーザーで脱毛すべくクリニックで検索。

以下理由によりピンクラオクリニックにしました。

  • 日本人の対応に慣れていそうなこと
  • 予約の融通がききやすそうなこと
  • 平日でも頑張れば通える時間帯まで営業していること

他にも候補はあったのですが、日中仕事をしていると実質日曜日しか行くことができないクリニックが結構多かったんですよね。予約取りにくい。

ピンクラオクリニックさんにはいきなり電話をかけて「今日18:00~19:00の間の空いてる時間で行きたいんですけど、予約ってできますか?」「大丈夫ですよ」ということで、当日飛び入り予約できましたので、もうここでいっかなと即断してしまいました笑 タイっぽい「ええねん、ええねん、マイペンラーイ」な感じ好き。電話予約では日本語が通じました。

ただのヒゲ脱毛なのでえいやっ!で決めちゃいました。実績もありそうですし、大丈夫でしょ!

価格

口ヒゲ+アゴヒゲで13,900THB (5回+フォローアップ3回)。大体5万円くらいですね。

基本は5回ですが、5回打ってもヒゲが消えなかった場合にフォローアップ三回(3ヶ月以内に消化する必要有)がついてます。実質8回。

ただ、私はその前に日本に帰国することになると思うので、たぶん全部消費しきれません、4、5回くらいが限界かなぁ。

プランには口ひげ+アゴヒゲと記載されていますが、頬にもちゃんと照射してくれました。私の毛量が少ない為かもしれませんが、一般的なヒゲはちゃんとこのコースで対応してくれるのかもしれません。

公式サイトの料金表

ちなみに、公式サイト(เลเซอร์กำจัดขน)を見ると、日本語のメニュー表に載っていないものがあったので簡単に翻訳してみますね。

  • แก้ม(kɛ̂ɛm) 6,900B
  • หน้า(nâa) 11,900B
  • ขน รักแร้(khǒn rákrɛ́ɛ) 5,900B
    脇毛
  • ขน หนวด(khǒn nùat) 3,900B
    上口髭
  • หนวด คาง เครา (nùat khaaŋ khraw) 13,900
    上口髭とアゴ髭
  • ขน แขน ล่าง  (khǒn khɛ̌ɛn lâaŋ) 13,900
    腕毛(手首に近い方の腕)
  • ขน ขา ล่าง (khǒn khǎa lâaŋ) 21,900
    脚毛(スネ側の脚)
  • ขน บิกินี่ ไลน์ (khǒn bikinii lai) 5,900
    ビキニラインの毛
  • ขน บิกินี่ ทั้งหมด (khǒn bikinii tháŋ mòt) 11,900
    ビキニ全ての毛

ちなみにタイ語で毛のことはขน(khǒn)といいます。

これを見ると、頬とヒゲはまた別メニューのように見えますけど、ヒゲの料金でホホも照射してくれましたね。どうなってるんでしょう。

あと、顔(หน้า(nâa))がヒゲより安い笑

ビキニラインもどこを指しているのか少し曖昧ですね。いわゆるビキニラインがVラインのこと、全てのビキニの毛のことがVIO全てのことなのかな。ちょっとココは聞いてみないとわからないですねぇ。

ちなみに、メニュー以外の箇所のタイ語はこんな内容が書かれています。

この箇所は、คอร์ส กำจัด ขน 8 ครั้ง(8回脱毛コース)という意味。

脱毛タイ語講座を始めると、คอร์ส(khɔ́ɔs)は「コース」。กำจัด(kamcàt)は「取り除く」とか「撲滅する」とかそんな意味。ขน(khǒn)は「毛」。8 ครั้ง(8 khráŋ)が「8回」。

この箇所は

คอร์ส5ครั้ง + เฉพาะบริเวณที่มีขน3ครั้งภายใน3เดือน(5回コース+毛のある箇所については3ヶ月以内に3回)

って書いてます。基本は5回で、それでもまだ毛が残っている箇所については3ヶ月以内に3回受けられるという意味ですね。

เฉพาะ(chaphɔ́)は限定するニュアンス。limitedとかonlyとか。毛のある部分”だけ”はの”だけ”に相当する部分。

บริเวณ(bɔɔriween)は「~付近」、「~の辺り」という意味。บริเวณที่มีขน (bɔɔriween thîi mii khǒn)は「毛のある箇所」「毛の生えている辺り」ということですね。thiiは関係代名詞です。

ภายใน(phaai nai) は「~以内」とか内部を示す言葉。ภายใน3เดือน(phaai nai 3 dwan)で3ヶ月以内ですね。

受付

現在は支店が5つあるのですが、私が行ったのは定番のアマリンプラザ支店。

BTSチットロムやセンターんワールドの近くにあるアマリンプラザという建物の3階にあります。爆破テロがあったエラワン廟のそばですね。スクンビット通りに住んでる日本人にはアクセスがとても良いです。

受付には日本語話せるタイ人スタッフさんがいました。

私が行った時はタイ人のお客さんを3人程見かけました。日本人の間では有名なクリニックですが、タイ人の間でも有名みたい。

この前、鼻を整形したばかりの知り合いのタイっ子に「ここでレーザー脱毛してくる」ってLINE送ったら、その子もこのクリニックを知っていましたし…笑

受付についたら、名前や電話番号や誕生日等を紙に記載し、お金を払い、すぐに部屋に案内されました。

施術・照射

部屋につくや否や、診療台に横になるように案内され、レーザー脱毛の準備が始まりました!

 

カウンセリング… なし!!笑

仕方ないですね、だってタイだもん!!

 

まず、最初にカミソリで簡単にヒゲを整えてもらえます。しっかり剃ってくれるわけではないので、自分で剃っていったほうが良さそうですね。

それから、冷たい保冷剤でお口をアイシングしながら、レーザーをバチバチッと打っていきます。

5-10分くらいで終了。

痛いといえば痛いのですが、我慢できるレベルでした。瞬間的に局所的に強い熱が入ってくる感じ、普通にレーザーで焼かれてる感じの痛みです(国語力…笑)。よく「輪ゴムでパチンと弾く痛み」と言われますがそれとは少し違う印象をうけっました。

今回レーザーを打ってくれた可愛い女性(たぶんパラメディカルの方、看護師さんかな?)は、痛みの強い場所を打つ前に「痛いよ~」って事前アナウンスしてくれる等、痛みが強くないか適宜確認しながら進めてくれました(タイ語でしたが笑)。打ち漏れは多分ある気がしますがまだわかりません。

看護師さん「ここ痛いよ~」→レーザーバチン → 私の体ビクンッ!
看護師さん「痛かった?」
私「あんまり痛くなかった(プルプル)」
看護師さん「55555」

という流れを何回も繰り返していく感じで照射されていきます笑

照射箇所によっては体がビクンッってなってしまうくらいの衝撃は走りますが、適宜冷やしてもらいながら照射していけば我慢できますね。アイシングすると痛みはかなり落ち着きます。

鼻下も痛いのですが、アゴ下がなかなか痛いです。ヒゲが太いからかな…?

日本のレーザー脱毛だと、麻酔オプションとかいうものがあるらしいのですが、少なくとも私はここで麻酔オプションの存在は案内されませんでしたね(個人的な感覚としては、麻酔は必要なかったです。一気に連発照射でもされない限りは十分我慢出来る)。

レーザーの種類はジェントルヤグ(Gentle Yag Laser)

肝心のレーザーの種類を確認せずにクリニックを選んでいましたので、今更ですがレーザーを確認してみます。

pinklaoclinicの公式サイト(เลเซอร์กำจัดขน)にレーザー脱毛について記載されていますね。

タイ語で記載されていますが、ココにGentle Yag Laserの説明が書かれていますので、レーザーは恐らくGentle Yagを使っているのだと思います。1~2ヶ月毎に4~6回うけるとも書いてますね。

WebでGentle Yag Laserを調べてみましたが、確かに機械の見た目はコレだった気がする(笑

日本だとアレキサンドライトやメディオスターでの脱毛が主流らしくて、YAGレーザーで脱毛できるのは珍しいみたい。今回は髭脱毛ですから剛毛に相性の良いYAGレーザーの方がしっかり脱毛できるかもですね。

次回の予約

1ヶ月後に予約を入れました。特にこちらから何もいわなくても1ヶ月後の予約を進められたので、このクリニックは1ヶ月置きがデフォなのかもしれません。

日本の美容クリニックだと、予約が混んでいて3ヶ月置きに照射する感じになるらしいですね。

どれくらいインターバルを置くべきかというのは部位によっても違うらしいのですが、英語のサイトでface hair removalのintervalを探してみたら、usually 4 weekと書いているドクターが結構多かったので1か月置きにやろうと思います。

アフターケア

施術後に口周りにジェルを塗ってくれたのですが、自宅でのアフターケアの説明は何もなかったので、自分で調べました。

  • 保湿超大事
  • レーザー照射後、1-2週間くらいで毛が抜けてくる
  • 肌が敏感で、毛のう炎になりやすい為、極力衛生的にする(=触らない)。毛のう炎にはステロイドが効果有り。
  • 日焼け厳禁。日焼け止め塗る。

確かに口周りが乾燥しやすくなっている感じはありますね。

酒井形成外科さんのサイトを読む限りでは、ヒルドイドで保湿するのが良さそうですね。

冬場はどうしても皮膚が乾燥しがちですね。特にこたつやアンカ、ストーブの直射熱はさらに皮膚の乾燥をさせがちになります。もちろんこのような暖房器具は使用してもよいのですが、できたら肌を少し保湿してみてください。
お医者さんには、ヒルドイドというとても良いお薬があります。残念ながら市販されてはいませんので医院で処方してもらいましょう。
もちろん酒井形成外科でも処方しています。その他として、市販の保湿剤でも十分効果がありますので、使用してみましょうね。医療レーザー脱毛後には、保湿やステロイドクリーム(酒井形成外科で処方します)の使用が、スキンケアに役立ちます

タイでは薬局でヒルドイドもステロイドも買うことができます。

とりあえずヒルドイドを塗り、毛のう炎対策にはベトネベート(ステロイド)でしょうか。

せっかくなので、友人タイっ子にもらったスキンケアのマスクパックも一緒に使ってがっつり保湿しようかな(余ってるからという理由でフェイスマスク(マスクパック?)を60枚くらい譲り受けました笑)。

外見的に腫れはないのですが、肌が敏感になっているのを感じるので、傷つけないように髭剃りもしばらくは控えることにしますです。

タイ

Posted by ころな