普通二輪免許教習 14時限目&15時限目 シミュレータと急制動復習と波状路やUターン

2016年9月4日バイク

2週間ぶりの教習です。シミュレータの予約が全然取れないよ~。

14時限目 シミュレーター 交差点の事故

教官は初めて見かける人だったのですが、とても丁寧に教えてくれるお兄さんでした。

一緒に受けた教習生は、おじさん(チラッと教習簿みた感じ昭和40年代)と、若めの男性(平成のところに丸が書いてあるところまでは確認できた…笑)です。どうやら平成君とは次の教習も一緒らしい。

今回のシミュレーターは『交差点の事故』がテーマでした。

バイクの交差点事故トップ3は

  • 出合い頭衝突 (見通しの悪い交差点やトラックの横から突然バイクが抜けてくる等)
  • 右直事故 (右折車と直進者の追突)
  • 左折時巻き込み

だそうです。それを体験するシミュレーター教習でした。ちなみに事故率としては出合い頭が一番多いものの、死亡事故は右直事故が多いらしい。確かに正面衝突に近い形になりますもんね。

 

2週間ぶりの為、バイクの運転自体あやしい状態でのシミュレーター。いきなりキーを回さないままエンジンかけようとして教官に「うそ… 大丈夫?」と驚かれました…w ほんとごめんなさい、キーのこと完全に忘れてました。

そして「安全運転をせずに事故ってください、変に遠慮して相手に譲らなくていいです。2回くらいは事故れるといいかな」と言われたので遠慮なく事故ることにしました。

 

青になったら遠慮なく右折! 直進車とバーン!!

教官「え!?!?」

 

あれ、今、え!?!?って言われた??

さっき事故ってくださいって…。

気にしすぎると不安になるので、聞かなかったことにして

左折して横断歩道渡ってる歩行者とドーン!!

トラックの横からすり抜けてきたバイクとドーン!

いきなりドアを開けてきた車のドアとドーン!

いきなり急停車する前の車とドーン!

 

と、無事事故りまくり教習を終えました。

シミュレータで事故ると、事故ったところからやり直せます。もう一回遊べるドン!

そして蓋をあけてみると、この教習で律儀に事故りまくってたの私だけ/(^o^)\笑

おじさんなんて、突然開いた車のドアにわざとぶつかろうとしたにも関わらず、なぜかドアの下すり抜けてたからね。おじさんの「あれ!?」って声がシミュレータ室に響いてた。結局一回もおじさん事故ってなかった、素晴らしい法規走行…。

15時限目 急制動の復習と難易度高めの課題体験

先ほどの平成生まれの若者と喋りつつバイク置き場で待機。

どうやら、彼はもうバイクを買ったらしい。何買ったんですか~?と聞いてみたら「ヤマハのYZF-R3です」とのこと。

うぉぉ… この子、ガチ勢だ…! スーパースポーツとは!

思わず、「うおぉ~!かなりガチなヤツですね!」という失礼な反応をしてしまいました。どうりでヘルメットも持参で、ちゃんとしたグローブもつけてるわけです。いずれ大型も取りたいらしい。

ちなみにR3ってこんなヤツ。

YZF-R25
特長紹介:YZF-R3/YZF-R25 – バイク スクーター | ヤマハ発動機株式会社

YZFは確かにカッコいいと思うのですが、この前とてもダサいR1を見かけたばかりで私の中では正直ちょっと印象が下がり中なのです。R1がダサいんじゃなくて乗り手がダサかったのですが…笑 足が全然ついてなくてですね、同時にバイクもとてもちゃっちく見えちゃったんですよね~…。

なんて話は当然彼にはしてませんけどね!笑

バイクの格好良さって、お洋服選びと一緒で、バイク自体よりも乗り手の格好良さがかなり影響するよな~って感じる今日この頃。

急制動の復習

若人さんと雑談してたら教官に「ミーティング終わった?」と言われてしまったので、急制動の復習に入ります。

前回(普通自動二輪教習 12時限目&13時限目 急制動!コツを調べてみる。)書いた通り、加速を1速→2速→3速をタイミングよくやらないと「2速で引き伸ばしすぎだね」と指摘されてしまいました。

他人様のブログでは2速で伸ばすって書いてありますが、私の教習所では2速で時間をかけるとダメみたいですね。長くても2秒間くらいにとどめないと指摘くらっちゃう感じ。

やはり1速(1秒) → 2速(2秒) 程で 35km/h程度まで持っていき、最後3速で40km/hオーバーへ持っていく感じです。

あとはブレーキは一気に握らず徐々に強く握っていき、後半でギュッと握る感じです。

3回程ダメだしを食らいましたが、後半はOKが出ました。

難易度高めの課題体験

教官についてきて~と言われ、以下をやることになりました。

  • 波状路(座り姿勢)
  • 波状路(立ち姿勢)
  • スラロームをめちゃくちゃゆっくり走行 (1速でリアと半クラ踏みまくりながら)
  • Uターン
  • 右へ小旋回

超低速スラロームは何度か足ついちゃいましたね、難しい。それ以外は普通にできてしまいました。

教官曰く、これらは最後の教習で必ず体験させているとのことでした。

一度公道に出ると「俺なかなかバイクうまいんじゃね?」と勘違いする輩が続出する為、こういうことを体験させているらしいです。要は、「お前らの技術なんてたかが知れてるんだから、公道で多少スピード出した程度で慢心して危険運転するなよ!」ということを知らしめるための体験。

バイクを操るのが難しいのはスピードが出ている時よりも低速時。公道で多少スピードを出すことなんざバイクの性能が良ければ誰でもできるわけで、ライダーの技量が優れているわけでもなんでもない。

 

みたいな話と共に今回の教習は終了しました!

あとは自由走行の時間となりましたので、テキトーに走って終わり!

教官からのコメント

平成くんと一緒にフィードバックでした!

「二人とも急制動は後半できるようになっていたので大丈夫。あとはコースをしっかり覚えるように」とのこと。

そろそろ教習も終わりに近づいてきましたね~!

 

あと、今日スラロームで発見があったのですが、スラロームってそれなりのスピードを出したほうが遥かにやりやすいですね。遠慮なくスピードを出して、自分の上半身は保ちつつ(リーンアウト)、バイクをがっつりバンクさせて抜けたほうが遥かに簡単。

バイク

Posted by ころな