フジテレビのアナ雪(地上波初放送)エンディングのカラオケ大会ヒドいでしょ

雑記帳

昨日、土曜プレミアムで『アナと雪の女王(原題:Frozen)』が放送されましたね!

ちなみに、アナ雪は既に視聴済みです、ブルーレイも持ってます(*´▽`*)

 

というわけで土曜プレミアムも録画していたのですが、フジテレビってここまでセンスなかったっけ…とちょっと驚愕しました。あえて「フジ版のアナ雪」と呼ぼうと思いますが、大きく以下2点が違和感ポイントですね。

  • ミュージカルパートに出没するカラオケ歌詞
  • アナ雪のエンドロールが、フジ社員のカラオケ大会&番宣に改悪

ミュージカルパートがカラオケ

こちらはまだ許容できるといえばできる改変(改悪??)。

Let it go

フジ版アナ雪は、ミュージカルパートでこんなカラオケ歌詞が出てきます。

カラオケのように、歌い終わった箇所には字に色がついていきます…笑

 

 

細かいんですけど、没入感が薄れますよね。

第二言語(英語)の方で見ていたので、余計に違和感を感じてしまいました。

日本の放送ですから、英語で見てる人間を意識しなくてもいいのですけど、やるなら字幕機能でやって~!!日本語で見てる人でもこのスーパーは邪魔でしょう。

ちなみに、この「真っ白な世界にひとりの私」のシーンって、英語だと”A kingdom of isolation, and it looks like I’m the Queen(隔絶された王国、私はそこの女王みたいね)”って歌ってるんです。英語と日本語が対応しているわけではないので、邪魔でしかなかった。

 

とはいえ、字幕スーパーをつけることで子供が歌いやすくなるかもしれませんからこれはまだ許容できるんです(お子さんがみるかもしれないことを意識してるなら、むしろ21時~23時10分放送なことの方がどうかと思いますが…笑)

エンディングがフジのカラオケ大会に…

問題はこっちです。もうこの一枚ですべてを表してる気がします。

そうよ 変わるのよ私 じゃないよ、自己愛の強いその内輪体質変わってないじゃないですか!

ほんと

どうしてこうなった AA

コレ。

 

アナ雪の本編終わった!!と思ったら、本当のエンドロールではなくフジが突如挟んだエンディングが流れたんですよね。

いやいや…

 

どうやらエンディングに流す動画を募集していたらしく、その後、一般のお子さんの映像が流れ始めました(全国に放送されてはいますが、一応モザイク入れておきます)。

でも、ホームビデオはまだいいんです。

良い演出だとは思わないですけど、事前募集されていたみたいですし、お子さんが楽しめるならまぁいいです(採用されなかったお子さんが、知らない子供が歌ってるの見て楽しめるのか知らないけど。もっと言えば自社WebサイトなりYouTubeでやればいいと思ってるけど)。

 

問題はコッチ。

急に女子アナ出てきて愕然としたよね。

自社社員のカラオケ大会を電波使って流すんじゃないよ本当に。

しかもアナ雪のエンディングを変えてコレ流すセンス…。

だってもう自由よ なんでもできる って局内社員の脳内の台詞なんじゃないんですかね…。電波使ってる時点で公益をちゃんと意識してください、自由じゃないです。

 

そしてコレ。

ノリが不快なので画像小さくしましたけど、やんちゃな大学生みたいなノリの集団が、番宣の為にグダグダ歌ってました。Let it goってラップでしたっけ…。

 

ホームビデオはまだしもですが、フジ社員のカラオケ大会、番宣の為のカラオケ大会がエンディングに流れたわけであります。ディズニーの作品使って自社の宣伝するとは…

寒すぎて視聴者を凍らせたよね

エルサ「少しも寒くないわ」

ありのままに放送すれば大勝利するであろうアナ雪で、わざわざこんなことするなんて。フジの低迷理由の一端を見た気がしたよね… 株主総会の議題にでも挙がればいいよほんと。

アナ雪の原題はFrozen。

まさか、エルサが愛によって氷をとかした後に、フジが視聴者を凍らせてくるとは。

フジの氷はまだ溶けそうもないですね。

雑記帳

Posted by ころな