FF15ようやく全クリしたので感想書きます

2017年9月25日ゲーム, 雑記帳

ようやく全クリをしたので感想を書きます!

ストーリーの核心をつくようなネタバレはしないよう意識していますが、その分歯切れが悪いかもしれません…。

歴代FFシリーズではFF6とFF9が好きです。

完成品の皮を被った未完成品

Amazonでレビューをつけるなら☆3。甘めにつけるなら☆4。巷で言われている程クソゲーではありません。

ただし、歴代FFシリーズの中で☆をつけるなら、☆1か☆2かな…。巷で言われている程のガッカリゲーです。

プレイしているのは人間であるということを、制作陣が意識していないように思えます。画面の奥にいる人間を意識していたら、後半に登場するあんなストレスフルなダンジョン作るはずがありません。

又、途中から一気にストーリーが進むのですが、急展開すぎてプレイヤー置いてけぼり。全く感情移入できないまま、エンディングを迎えました。シナリオについては、ストーリーラインが悪いというよりは、ストーリーの説明の仕方がとにかく雑ですね。

 

システム面では評価できる箇所もありますが、ストーリーや演出面で粗が目立つ。リリースに無理やり間に合わせた感が強いです。

全体的に暗い

雰囲気も暗いのですが、ここでは画面のことを指してますw

全体的に「夜」「洞窟の中」「薄明かりの施設の中」みたいなところを攻略していくことが多いのです。画面が基本暗い。明るい気持ちになれずワクワクできないんですよね。プレイしにくいし。

そしてダンジョン攻略の演出もFFらしくないというか…。暗い洞窟を攻略してると、突然モンスターが飛び出てくるみたいな感じが目立ちます。あれ、私、バイオハザードやってたんだっけ…?トゥームレイダーやってたんだっけ…?みたいな感じの演出。

正直こういうのはFFに全く求めてなかったなぁ…。

洞窟入ったらトンベリ出てきてブスっとさされてプロンプトが「うわぁぁぁぁ」とか言ってればまだ楽しめるのですが、ゴブリンみたいなのがワラワラ出てきて、それを叩きのめすだけです。

オープンワールドなのだからモーグリの村でほんとにモーグリが生態系作ってたりしてて、夜、慎重に森の中を探索しないとクポーが逃げちゃう… みたいな設定とかあれば、暗闇の中探索しててもテンション上がるんですけど、FF15の世界観はそういう感じでもないんですよね。。

キャラクターに個性はあるが思い入れはない

キャラに個性があるのはさすが邦ゲー。洋ゲーはこういう楽しみ方ができるゲームほとんどないですからね!

ただキャラクターが魅力的かといわれるとちょっと微妙。主人公の喋り方とかやっぱつれぇわ(←こんな喋り方)。仲間もネチネチ小言を言ってくる。

腐女子が妄想した男4人組っぽいっていうんでしょうか、どうもまともな大人の男らしくない会話に違和感があります。

戦闘システム的にプレイアブルキャラがノクトだけですし、”仲間で戦っている感じ”を抱きにくいことも微妙でしたね。ほかのFFと比べるとキャラへの思い入れがわきにくい。

ただ、女性たちのグラフィックスは素晴らしかったですね!シドニーちゃん、イリスちゃん、ルナフレーナ様、ゲンティアナ様、皆さんお美しいといいますか、かわいらしいといいますか、グラフィックスは最高でございました。

オープンワールドは極めて微妙

移動がストレス

  • ワールドの広さの割に移動速度が遅い。
  • 移動の度にロードの嵐。ロードが遅い。

これにつきます。ロード連発しないとまともに移動できないならもはやオープンワールドである必要ないですよね…笑 チョコボはかわいいんですけどね!

インファマスセカンドサンの移動とかは程よく爽快感があってよくできてたんだなって思いました。

お使いクエスト頻発

これ最悪です。

「この区画で〇〇を〇〇匹探せ」とか「〇〇で〇〇取ってきて」みたいなクエストが頻発します。クエストクリアしたら、また次のお使いが発生する。

ただのプレイ時間稼ぎ、非常に前時代的な仕組みで面倒くさいだけ。

そしてこのクエストがFF15のプレイ時間のボリュームの大半を占めます。

これで水増しするのは本当にいけてない。

しかもお使いクエスト頻発なのに、移動にストレスがあるようなシステムなわけですよ…w

グラフィクスはキレイ

既存の海外ゲームと比べて驚くレベルではありませんが、映像はキレイです。

戦闘システム

物理攻撃は良い

他のゲームであれだけ動く戦闘は中々ありません。色々不満点もありますが、総じて物理戦闘は好きです。

魔法は残念

魔法の使い勝手の悪さは残念。

FF15の魔法は基本ファイア、サンダ、ブリザドといった攻撃用の魔法ですが、スタイリッシュに使用できません。物理攻撃の中でもっと自然に魔法をスタイリッシュに使用できる仕組みであれば、既存のアクションRPGの中で最高の戦闘だと感じたかもしれない。物理戦闘が良いだけに魔法が残念。

又、ヘイスト、スロウ、プロテス、シェルみたいな戦略に幅がでるような補助魔法がないことも残念。

物理戦闘のバリエーションは色々ありますし、ぬるぬる動きますが、基本物理でタコ殴りです笑 それと主人公の特技攻撃もほしかったですねぇ(ファントムソードやシフトがそれにあたるのかなぁ…?)

イベントバトルは良くもあり、悪くもあり

詳細は避けますが、ストーリー上の強敵相手には凝った”イベント”が発生します。それはそれで演出として良いんですが、イベントバトルなので、勝手に戦闘が進みます笑

ストーリー的に強敵とのバトルなのに緊張感皆無…みたいなところはちょっと残念だったのですが、演出はかっこよかったです。イベントバトルは凝っていて全体としてはとても良かった。

パーティーほぼ固定。プレイできるのもノクトだけ。仲間と戦ってる感ゼロ

ここは本当にがっかりです。

プレイアブルキャラはノクトのみ。

 

 

FFなんだから仲間がどんどん増えていくと思うでしょ?

増えないんですねー笑(途中、一時的に参入するメンバーがいるにはいますけれどね…)

 

仲間はAIで「どっかで勝手に戦ってる感」が強く、ただでさえパーティーで戦ってる感ゼロの戦闘システムなわけです。強敵と戦ってると「どっかで勝手に死んでる」わけです。

なのにノクトしか操作できないって…!仲間ってなんだっけ状態ですよ本当に。

 

パーティーが固定なので、ストーリーを進めてもプレイヤー側に変化がないんですよね。本当にただストーリーが進むだけ。盛り上がりがないです。

音楽

FF15のやや重厚な曲が多め。曲は良かったですね!

私はFF6が好きということで、例えばFF6の『ティナのテーマ』や『仲間をもとめて』!

FF15は、こういった、いかにもな”曲”ではなくて、オーケストラ的な感じです。その為、印象には残りにくいかもですけどね。FF15の雰囲気にはあってましたね!

FF15の曲はムービー、演出を盛り上げる為の雰囲気を作る曲なので、その曲自体の印象は薄いんですよね。

ただね… Stand by Meは確かに良い曲ですけど… メインの曲がオリジナルじゃないんだ…。