東工大学長の英語スピーチは当たり前。不必要だとは思わないけどな…

雑記帳

東工大の学長が入学式に英語でスピーチを行った件について賛否両論あるみたいですね。仮にも日本を代表する国立大学の入学式なんですから、この程度のことで議論が起こること自体悲しいです。東工大には英語で授業する先生も全然いらっしゃるのだし別に何ら特別なことでもない。

ちなみに私は大学院に9月入学をしたので、入学式は外人だらけで普通にスピーチも英語でした。ただ、英語スピーチの批判として多いのが、日本人ばかりの状況で英語を使う必要がないという意見のようです。

 

以前も書きましたが、私は、上を目指す大学は全ての授業を英語で行うべきだと思っているので東工大学長の英語スピーチには大賛成。

なぜ英語で授業を行うべきだと思っているのかというと、世界のトップ大学にいる教授は日本語を話せない人が大半だからです。

そもそもの話として、私は、日本のトップ大学の教授が日本人ばかりなのがおかしいと思っています。研究のレベル・教育のレベルを引き上げるために、世界の優秀な教授をもっと大学に誘致すべきだ。

 

では世界にいる優秀な教授は日本語が話せるか。もちろんNOです。

日本語しか話せない環境に、優秀な教授がくるハードルは非常に高いです。英語が当たり前の環境を作らなければ、よほどのインセンティブがない限り優秀な教授は日本の大学にやってこないことは明らかです。

大学のレベルを高めるために必要なのは、小難しい入試問題を用意して入学する生徒の質を高めることではなく、教授の質を高めること。教授の質を世界レベルにする為には英語環境を整えることはマストだと思います。

日本語しか話せない大学は、研究レベル・教育レベルとも日本の中で井の中の蛙の競争をしており、ガラパゴスになってしまいますね。

 

さて、話を戻すと、入学式のスピーチを英語で行うことの賛否ですが…。

私は上記のように、世界を目指す大学であれば英語で話すことは”日常”であるべきだと考えておりますから、英語スピーチなんて別に特別視するようなことではないという感覚を持たせるべきだと思っています。日本人ばかりの環境だから英語でやる必要がないという批判が多いらしいのですが、この程度のことで賛否がおこること自体悲しいな~と感じてしまいます。