Spice and Wolfの翻訳は英語と日本語でしっかり対応しているわけではなさそうね。

2016年8月16日語学

 

watti

Spice and Wolfの第一巻のprologueの後半。

Although the autumn sky that was visible between the swaying stalks of wheat had not changed in hundreds of years, conditions below that sky had indeed changed.

The villagers who tended the wheat as the years passed lived for seventy years at the most. Perhaps it would be worse for them to go centuries without changing.

Maybe that is why there is no need for them to honor the ancient agreement, she thought.

In any case, she knew she no longer had a place here. The mountains that rose in the east caused the clouds over the village to drift mostly north.

She thought of her homeland beyond those drifting clouds and sighed. Returning her gaze from-the sky to the fields, her eyes fell upon her magnificent tail, which twitched just past her nose.

With nothing better to do, she set to grooming it. The autumn sky was high and clear.

Harvest time had come again. Many wolves were running through the wheat fields

赤字のところの原文は以下です。

ただ、だからもう昔の約束を律儀に守る必要はないのかもしれないとも思った。

英語だと以下のように”for them”となっているので、「them=the villagers=村人」が昔の約束を守る必要がないのかもしれないという訳出になっています。

Maybe that is why there is no need for them to honor the ancient agreement, she thought.

ただ、昔の約束を守る必要がないのは「地の文の語り手(=ホロ)」だと私は思っていました。記憶が曖昧なのでググってみたところ、アニメ1話でこんな台詞が登場するみたいです。

わっちはな 大昔この村の青年に頼まれたんじゃ。この村の麦をよく実らせてくりゃれと。
じゃからそれからずっと守ってきた。

じゃが 豊作を続ければ大地に無理が掛かる。時には実りを悪くせんとならん。
ところが 村の連中がわっちの気紛れだなどと言いよる。
それはこの数年でどんどん酷くなってきた。

もう誰もわっちを必要としておらん。
必要とされとる時も 誰もかわっちの姿を見て恐れおののき近づこうとはせなんだ。
わっちの望んだことは、そんなことではなかったのに。

Anime Transcripts@アニメで英語 – Spice and Wolf (Japanese) > 01. 狼と一張羅

おそらく、この約束のことを指していますよね。

この背景を踏まえると、約束を律儀に守ってきたのはホロですから、やはりfor themとするのは誤訳ではないかという気がします。今の村人は約束の存在を把握すらしていないんじゃないでしょうか。

可愛いホロちゃんが昔青年に頼まれた約束を律儀に守っているという話なので、日本人の感覚からすると”ancient agreement”というのも大げさすぎる印象を受けますが、ネイティブの”agreement”に対する印象はそれほど硬くないものなんでしょうか?

わっち可哀想。

ちなみにChapter 1も少し読み進めましたが、日本語と英語の訳出はきっちり対応してはいなさそうです。

例えば、Chapter 1でこういう訳が出てきます。

The usual pleasantries concluded, Lawrence managed to leave the village just around five o’clock. The sun was just beginning its climb when he left, and it was midday by the time he descended from the mountains and entered the plains

The weather was good; there was no wind. It was a perfect day for dozing in the wagon as he crossed the plains.

原文はこうです。

そんないつものやり取りをかわし、山奥の村を出発したのはかれこれ五時間も前だ。日が昇ってすぐに出発して、山から下りて野に出た頃にはもう昼を回っていた。

天気は良く、風もない。荷馬車に乗ってのんびりと野を行くには絶好の日和だ。

英文だと「ちょうど五時頃に出発した」と書かれていますが、原文では「5時間前に出発した」と書かれていますね~。

また、英語だとうたた寝しながら荷馬車で野を行っていることになっていますが、原文だと「のんびりと」野を行っているだけで寝ているとまでは書いてませんね~。良い天気の時に荷馬車でのんびりと野を行っているのであれば、確かに寝ているのかもしれませんけれども笑

英語力ないので間違っているかもしれませんが(´-﹏-`;)

こんな感じで厳密な訳出ではなさそうなので、雰囲気で読みたいなって思います!

 

 

語学

Posted by ぽんちょ


最上部へ戻る