ScanSnap iX500 FI-IX500A-Pを購入しました

2016年8月16日

自炊をしようと決意をし、裁断機を買ったのですが…

http://yutorinote.com/ba58a4/

 

スキャナ買ってない/(^o^)\笑

というわけでドキュメントスキャナ市場で覇権をとっているScanSnap iX500(iX500A-P)を購入しました!

裁断機は安いものを買いましたが、スキャナの場合は保存データの品質に直結するので、ケチケチしない方針です。

調べてみたところ以下のような同じ製品クラスのものが候補となりました。

市場シェア首位であり、最もメジャーなのはIX500。

この中から選ぶのであれば、スキャン速度面についてはどれも一長一短あってそれほど決め手になるレベルではなさそうでした。

正直どれでも良かったのですが、安い買い物ではないので、無難にiX500を選んでしまいました。リスクを恐れてしまった…。

Canon imageFORMULA DR-C240

iX500Aと同じような実売価格です。グレースケールに強いみたい。

ただし、収納の問題で、用紙トレイ部分が折りたためない点が個人的にはネックだったのでこの製品はスルーすることにしました。

性能ではなく収納の問題。又、ネットをさくっと探してみた感じカラースキャンの評判にあまり芳しくない書き込みを見かけたのも一因ですが、正直この点については情報が少なすぎて信ぴょう性が全然わかりません。

レビューは以下IT mediaの記事が参考になりそうです。

“超快適”スキャナ「imageFORMULA DR-C240」を徹底検証する (1/5) – ITmedia PC USER

 

EPSON DS-510 / DS-560

ScanSnapの対抗馬としてEPSONが気合を入れて発売したモデル。スペックを見る限りではかなりiX500に近いし、見た目もiX500より小さいです。それなのにiX500より実売が安い。

これにしようと思っていたのですが、以下記事を見る限り、ちょっと白飛びがこわいです。

 

設定次第でこの白飛びは何とかなるのでしょうか? 白飛びは画素データが飛んでしまっているわけですから、後の画像処理で対処ができません。ちょっと怖い。ScanSnapより安いし性能もそれほど変わらなさそうだし…ということでかなり気になったのですが、この点だけが怖くて避けちゃいました。

ただ、正直、iX500を買った今でもこちらの製品は気になっています。Web上に「ScanSnapをおすすめする○○の理由」みたいな意識高い文章を書いている人が結構いらっしゃいますが、「それ、EPSONの方のスキャナでもできるよ」という感じですしおすし…。

PFU ScanSnap iX500 (iX500A-P)

市場シェアが一番高い製品。

  • 使用者が多く実績がある。性能面で比較的”無難そう”である
  • スペックに現れない性能面も比較的”無難そう”である
  • Web情報も多いので初心者が選ぶには”無難そう”である
  • 売れ筋なので企業側も力を入れている

といった点で結局無難にこちらにすることにしました。この商品の何かに特別惹かれたわけではなく無難という理由につきます。買ってから50冊程既に自炊していますが、無難に自炊できてます。重送もちゃんと検知してくれます。ただ、EPSONとの価格差を出してまでこちらにする価値があったのか正直不明。

買ったタイミングはかなり最悪でして、このScanSnap iX500はこの前ScanSnap iX500Aとして名前を変え新モデルとなったばかりです。私の買ったiX500A-Pは2年保証がついているモデル(こちらの方が何故か安く買えたので…)。

ただし、”新モデル”とは名ばかりで、ハードは従来と何も変わっておらず、付属ソフトのみ変更されたモデルです(それも改悪の方向へ)。それにも関わらず、新モデルとなったことにより、今までの市場価格がクリアされてしまい値段が高くなってしまっています。

数年前のハードをほぼ定価に近い値段で買わねばならず、富士通グループに対する私の中のイメージは最悪なものとなっています。

どう考えても高いのですが… 安い買い物ではないからこそ、リスクを恐れてしまいまして、無難な選択をしちゃいました。


PAGE TOP