すごーい!ここは有給をとれるフレンズばかりなんだね!

雑記帳

わーい!新年度がはじまったね!

うちにも新入社員のフレンズがはいってきたよ!

すっごく緊張してるみたいだけどへーきへーき!フレンズによって得意なことは違うから!

みんなと一緒にご飯を食べに行ったんだけど、上司のフレンズがずっとしゃべり続けてるんだ!有給をとれって周りのフレンズに言ってるよ!やったー、よかったねー!

上司は夜行性なんだー。有給とれっておしゃべりしてる今は深夜の3時なんだよー!すごーい、お外まっくらー。

あたらしいフレンズは終電がないんだね!どうやって帰るんだろー、わかんないや-!

でも安心して!わたしはせんぱいだから!タクシー呼んだらなんとかなるんだよ、わたしにまかせてー!

うちはきっと素敵なフレンズばかりだよ!よかったねー!

 

と、段々IQが溶けてきそうになるのでやめますが、今年も新入社員が入ってきました。

上司になると、自分の言動と行動の矛盾に気づかなくなるもんなんですかね…笑

最近、「歓送迎会」が多いわけですけど、会社のイベントについて最近思ってることをメモメモ。自分が偉くなると若い時の感覚って失うのかなぁ。

  • 会社が人生の人にはわからん感覚かもしれませんが、「定時すぎたらプライベート」という感覚を持つことは案外大事だ(“多様性”を尊重してマネージする上でも)。
    • と考えると、会社イベントは定時後の時間を極力使わないほうが良いように思える。もっとランチタイムを活用したほうが良い気がする。”退職”レベルならまだしも、部署移動等に伴う歓送迎会レベルであれば、よく起きるものだし、ランチで対応したほうが皆happyそうにみえる。
  • 会社で飲み会する時も「1次会」まで十分に思える。2次会、3次会を行っても心的/金銭的な負荷の割りには得るものがないので、本心ベースでは行きたくないと思ってる人が結構多い気がしている。いっそのこと「2次会禁止」例をしいたほうが皆happyになるかもしれない。

 

何故か私に本音をポロッとコボす人が多くてですね、いろんな方の本音(愚痴)を聞く限り、①ランチタイムの活用 ②二次会の禁止 を行ったほうがhappyに感じる人が多いんじゃなかろうかという気がしている。

“最近の若手は”なんて言いますけど、むしろベテラン層の方が2次会行きたがらない人多い気がするんですよねぇ。若手は”ご命令に背けない”為嫌々出席する人が大半だけど、ベテラン層の場合は帰っても、社内的な立場的に何も思われないというだけな気がしている。割合的には若手もベテランも二次会行きたがってない人多い気がするんだよなぁ。(そもそも1次会すら行きたくない人も多いですけど、まぁ飲み会自体ある種必要悪みたいなところはありますからね。それでもせめて定時後じゃなくてランチにすることで金銭的負担、心的負担、時間的負担は減る気がする)。

 


最上部へ戻る