[その1] Gravity Daze 2を買ってきました!獣臭いキトゥンちゃん可愛すぎるでしょう!

GRAVITY DAZE2

https://www.jp.playstation.com/blog/detail/4311/20170105-gd2.html

PS Vitaで話題になった重力ゲームGravity Daze。その続編Gravity Daze 2を買いました!前作は未プレイです。

体験版をしていて、演出やトゥーン調の映像やキャラクタがすごく好きでした。ハマる気配しかしなかったので予約注文で購入。

毎度のことながら人に見せる気のない写真クオリティ。

初回限定版は、ソフトのほかに以下おまけがついてきました。

  • スペシャルアニメーションBlue-rayディスク
  • サウンドトラック「ディレクターズチョイス」プロダクトコード
  • コスチューム「ホワイトキトゥン」プロダクトコード
  • 豪華収納BOX

オープニングかっこいい

いきなり、採掘に向かっているシーンから始まります。大気圏がどうのこうのという会話がありましたので、何かを採掘する為に、宇宙空間からどっかの惑星へ降りている感じなのかな?

意味深系のオープニングですがなかなか好きな演出です。

前の採掘員099についてこいと言われるので、言われるがままついていくと…

不穏な気配…。

どうやら重力嵐が発生しているらしい。それにより、お二人さんがピンチに陥る。

スーツが壊れてしまい、中から出てきたのが主人公のキトゥンちゃん。顔映ってないけどかわいい。

スーツがなくなってしまったので急いで引き上げます。

逃げまどっているとリザという人が救出してくれました。

ここまでがオープニングですが、体験版で受けた印象通り、映像がとてもいいですね。トゥーン調の映像は見てみて飽きないです。そして演出もかっこいい。静止画じゃ伝わりにくいのが残念ですが動きも軽快で楽しい。

奴隷のように扱われるキトゥンちゃん

採掘に向かっていた二人は女性の方がキトゥン、男性の方がシドというらしい。この二人は以前、重力嵐に飲み込まれてしまったことで、このバンガ集落というところにたどり着いたという設定みたい。

バンガ集落の女領主がリザ。そのリザに命じられて今回採掘に向かっていたみたいですね。

漂流者であるキトゥン達は、リザから奴隷のように扱われる日々を過ごしているらしい。とはいえ、キトゥンが底抜けに明るいので見ていて嫌な気持ちにはなりません。むしろ楽しい。

あと、キトゥンちゃんは重力が操れると言っているそうなんですが、周囲に全然信じてもらえていないみたい。私も前作未プレイなので、ここらへんは何言ってるのかよくわかりません笑

第一章開始 Banga

おびえてるキトゥンちゃんかわいい。

仕事サボりたいよね、わかるわかる。仕事するのもキツいし仕事するふりするのもキツいし、もはや朝起きるのもキツいもの。わかるわかる。

この集落では働かざる者食うべからず的な風潮があるらしく、キトゥンはリザから以下のお仕事を頼まれます。

  • ミザイに、各船の重力燃料が足りているか確認するよう伝える
  • シシィに、家畜の世話を忘れるなと伝える

耐荷重服を壊してしまった上に居候のキトゥンちゃんは当然断ることはできません。

いやぁ…かわいいなぁ(3回目

いい加減、可愛いがしつこいということで、ミザイという人を探しにいきましょう!町の人に聞き込みを行います。

どうやらミザイは採掘船にいるらしい。採掘船って、オープニングで映った最初の場所かな? 採掘にいってましたもんね。

★【朗報】キトゥンちゃん臭かった

最高じゃないですか。

キトゥン達はリザに家畜小屋で寝泊まりさせられているらしい。

キトゥンに獣臭い設定をつけた制作スタッフのフェチズムは、間違いなく変態のそれでしょうが、私もそれでした。褐色娘ばんざい。

 

さて、ミザイを探しにいきましょう(2回目

どうやら「マップ」の機能を使うことで進むべきポイントがわかるらしいです。これは便利な機能ですね。

そんなこんなで無事ミザイの居場所に到着。

急にかっ飛ばしたので、とりあえず下からのアングルを貼っておきます。

 

さて、肝心のミザイはこの人物。重力を操れるというキトゥンの話を信じておらず、キトゥンはホラ吹き女呼ばわりされてます。

正直、口の悪い人は好きになれません…。

この優しそうな天使がシシィ。つい先ほどまで褐色娘が最高だと思っていましたが、やはり色白娘こそ至高でしたね。

目の色が黄色って珍しいですね。目の色がアンバーの子をウルフアイ(狼目)って言ったりすることもありますけど、関係あるのかな? …ないかな?笑

 

 

 

とりあえずミザイとシシィに要件を伝えることができました。

と思ったら、会話が終わるや否や、天使シシィがいきなり猛ダッシュで家畜場に走っていきます。

なかなかのスピードスタートだったので、ちょっと気になり、リザの後を追いかけることにしました。

追いかけている途中で例の名言を吐いたおっさんを発見。

何故か会話可能になっていたので、とりあえず会話してみます。

このおじさん…

獣臭い娘にやたら行水させたがるおじさん。

キトゥンが臭いことにやたらこだわりますね。

日暮里の常連の香りがしてきます。たぶん匂いフェチなんでしょう。

 

 

というか行水ってあまり使わない言葉だよね。そういえばキトゥンの仲間に「クロウ」という人がいるらしいですね。前作未プレイの為よくわかりませんが、キトゥンちゃんの台詞にそれらしき発言がありました。クロウ=カラスということであえて行水なんて言い回しをしてるのかな?

 

とりあえず行水のおじさんは置いておいて、シシィちゃんを追いかけます。

追いついた!

鶏小屋の前にいるシシィちゃんに話しかけます。

お仕事手伝うよと言ったのですが、家畜の世話はこの集落で一番簡単な仕事だからひとりでやらなくちゃと言われてしまいました…!

どうやらシシィちゃんはビクビクタイプの女の子なのね。

正直、大好物です(๑´ㅂ`๑)

 

シシィちゃんが心配でなりませんが、ここにとどまっても仕方がないので、残りのクエスト(?)を終え、リザのところに「お仕事終わったよー」と報告しに戻る。

戻る…と…

あぁ…(ノ∀`)

家畜が逃げてしまったらしい。シシィちゃん激怒られ中。

どうなっちゃうんだろう…かわいそうに。

泣いている美少女ってズルいですよね、かわいすぎますもんね!

なんで、泣いている美少女ってこんなにかわいいんでしょうね!

たぶん、泣いてない美少女もかわいいからでしょうけどね!

 

シシィを心配しつつも家に戻るキトゥン。キトゥンの家はこんな感じでした。

キトゥンは家畜小屋に寝てるといってましたが、アヒル小屋でしたね!

獣臭い匂いはアヒルのせいであることがわかりました。

ということはアヒルを嗅いだらキトゥンちゃんの匂いなんじゃないか?

むしろ我が家にアヒルを飼って寝泊まりしたら、それはもはやキトゥンちゃんと寝てるのとほとんど同じなんじゃないか?

ということで『Episode 1 悲しき天使』がはじまります。

各章(Chapter)の中に、Episodeがあって、Episode毎に物語が進んでいくというスタイルのようですね。

Episode1の開始と共に、なんとシシィちゃんがいなくなってしまいました。

リザに叱られたせいか、朝から姿が見えないみたい。

というわけでシシィちゃんを探しに行くところでとりあえず今回は終わり。

「シシィちゃん探し」がEpisode 1のテーマみたいね!

ということは、『Episode 1 悲しき天使』ってシシィのことなんですね。まさか制作側も天使だと思っていたとは… この制作スタッフのセンスとは気が合いそうです。

 

まだ重力使えないですが、やはり動きと演出が楽しいですね。キャラにも魅力がありますし、トゥーン調の映像もきれい。

でも予約購入したはいいんだけど、ちょっとの間海外に行くので遊べないんだよなぁ…。帰国するころには値段も下がってるでしょうし、、なんで私発売日に購入したんだろう笑

でも楽しいからいいや!とりあえず帰国後また楽しみたいと思います。

 

 


最上部へ戻る