今年ふるさと納税をしていなかったのでワンストップ特例制度の締め切りに間に合うように急ぎます!!

2016年6月26日

(15年12月20日に記載した旧ブログの移転記事です)

ふるさと納税田んぼ

 

12月はほんと忙しいですね。ようやく纏まった時間がとれましたので今年のふるさと納税を考えます。社会人3年目独身男が欲しいものなんてそんなにありませんけどね(ノ∀`)笑

寄付金額をシミュレーション

15年のふるさと納税は、15年の年収をベースに計算するらしいです。というわけで、以下サイトでさっくりと計算してみました。

シミュレーションはあくまでもシミュレーションなので、ここで出た結果より少ない額を寄付したほうが安全みたいです。

独身貴族はいっぱい寄付できるもの…

安全をきす為、出た結果より少なく見積もり、14万円寄付することにしました。総務省のページのシミュレーション用エクセルシートでも2000円負担って出ましたし、大丈夫でしょう…たぶん。

「扶養家族はいるか?」みたいな質問が心をえぐってきます。我々独身は、普段他の方々よりも多く納税しておりますので、気持ち多めに寄付できるみたいですね。

ワンストップ特例制度の申請書提出は1月10日まで

15年からワンストップ特例制度がはじまりました。今までのように確定申告作業を行わなくても、自治体へ「ワンストップ特例制度の申請書」を提出することで来年の住民税を控除してもらうことが可能となります。

提出締切日を確認すると、16年1月10日までに申請書を自治体へ提出する必要があるようです。急がねばッ…ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

どのサイトから申し込みを行うか

調べてみると色々なサイトから申し込みできるみたいですが、とりあえずふるさとチョイスさんで自治体を調べて申し込むことにしました。

申し込み直前期なのでダメかなと思いましたが、意外にクレジット払いなら受け付けてくれる自治体が多いですね。

さぁ、14万円分申し込むよ!

探してみると、1万円寄付して2千円程度のものを貰えるパターンが多いみたいです。20%還元率が普通で、40%還元率だと結構良い感じという雰囲気。ただし、人気な品物は品切れ状態のものも多いです。

私の場合は14万円寄付するので、実質2千円負担で3万円程度の商品をいただく感覚でしょうか。5万程度のモノが手に入れば万々歳って感じかな?

12万円分:岡山県 備前市 Nexus 9

申し込み自治体の一つは岡山県備前市にしました。12万円寄付でNexus 9 32GB。Nexus 9も昨年発売ですから今となってはちょっと古いタブレットですけどね~。

なんで備前市が電化製品??と思ってググってみると、牡蠣とか備前焼が有名な市らしいです。うん、備前焼ですよね…。…あれ、なんで電化製品?w

謎は解決しませんでしたが、備前市のゆるキャラ「ペッカリー」くんはこんな感じです。なんかこの市には色々と疑問を持ってはいけなさそうな雰囲気がしますです。

備前市ゆるキャラ ベッカリー
ペッカリー のキャラクタープロフィール [ご当地キャラカタログ]

1万円分:茨城県 坂東市 コシヒカリ20Kg

もう1万円は茨城県坂東市のコシヒカリ20Kgにしました。この自治体はふるさとチョイスから申し込みできなかったので、自治体Webサイトから直接申請しました。

お米探しててびっくりしたんですが、ふるさと納税のお米、安すぎません!?これくらいのお米が貰える自治体がここ以外にも結構あります。1万円あたり20Kgってことは、14万円寄付したら280Kgですよ! 実質2000円負担でお米280Kgですよ!!笑

例えば、山形県寒河江市とかでも特A評価の「はえぬき」60Kgが3万円でもらえます。調べていると色んなお米があって面白いですね、コレを機会に珍しいお米を頼んでみるのもいいかな~って気もしています。

茨城県猿島郡境町のお米食べくらべ15kgセットは「あきたこまち」「こしひかり」「ゆめひたち」が5Kgずつくるのですが、こういう食べ比べとかも面白そう。ちなみに坂東市のゆるキャラは「将門くん」。

坂東くん
茨城県 坂東市の『ゆるキャラ図鑑』 面白カワイイご当地マスコットキャラクター 一覧リスト | iso.labo

1万円分:鹿児島県 曽於郡大崎町 うなぎの蒲焼2尾(約160g)

もう1万円は鹿児島県曽於郡大崎町のウナギです!

うなぎ養殖日本一といえば浜松・浜名湖のある静岡県…?はたまた愛知県…?に見せかけて実は鹿児島ですからね!ふるさと納税の人気商品は「肉」らしいのですが、私は肉よりうなぎが好きなので迷うこと無くウナギです。

鹿児島さんにはコレからも美味しいうなぎ育て続けて欲しいです。鹿児島県東串良町うなぎ蒲焼き5尾セット(1尾200g前後)も結構気になったんですが、2万円からな感じでした。

予算14万円は少なく見積もっているので、もう1万くらい増やしてもたぶん大丈夫なんですが… とりあえず安全の為やめときまする。来年はこの自治体にも申し込みしようかな~。

ちなみに大崎町のゆるキャラは「松原王子」。

松原王子
ゆるキャラ:『松原王子』 鹿児島県曽於郡大崎町

 

ワンストップ特例制度の自治体間の対応差をなくしてほしい

というわけで今年のふるさと納税は終わり!

ワンストップ特例制度は確かに便利なのですが、初めてやると案外わかりにくかったです。何が面倒くさいかというと、自治体によって申請の受付方法が違うところです。

ネットで申請を受け付けてくれるところもあれば、自治体が申請書を郵送してくれるところもあれば、自分で総務省のページへいって申請書をDL&印刷して送るところもあれば、そもそも受付してない雰囲気の自治体もあり… 「この自治体はどれなんだろう…?」と初心者的には最初結構混乱しました。

肝要な申請についても「各自治体に申請書を送ってください」という情報までは多いのですが

  • 申請書ってどこにあるの?(´Д⊂
  • 申請書に何かけばいいの?(´Д⊂
  • 申請書の郵送先はどこなの?(´Д⊂

等々、いざ申請しようと思うと疑問がふつふつと湧いてくる感じ。肝心のお役所のWebサイトも、自治体ごとにレイアウトも掲載情報もバラバラ(申請に必要な情報がWebに掲載されてなかったりもする)なので、調べる作業が地味に骨折れます。

ワンストップ特例制度は5自治体までしかできない

そして、このワンストップ特例制度は5自治体までしかできないという点も悲しい感じですね。面白そうな自治体が結構多そうですから、小口で色んな自治体にわけたりするのも楽しそうです。でもそうしたければe-TAXで確定申告しなければなりません… 面倒くさいよ~(´-﹏-`;)


PAGE TOP