2016年度の総資産は2077万円で終了しました

資産公開

アクセス解析をしてみたら資産公開カテゴリの流入が増えてました。

記事一つしかあげていないカテゴリなのに…(;´・ω・) 皆さんいやらしいですね…笑

年度末ということでキリが良いのでちょっと調べてみます。

2016年度資産状況

2016年度末時点のストック

資産といってもMoneyForwardに連携しているもののみですが…。

結果、2016年度末(=2017年3月末)時点のストックは2077万1042円みたいです。

年初と年度末のストック比較

2016年度の期初(=2016年4月)のデータが残っていたので、それと比べてみます。

期初は大体1300万円ですね。年初、いきなり株が暴落して資産がかなり動いているようですが…笑 大体700~800万円程資産が増えた計算になりそうです。

尚、私は普通のサラリーマンなので、減価償却費やら設備投資費やらワーキングキャピタルなどはありませぬ。

投資額は順調に増えていますね

Moneyforwardって資産のカテゴリ分けが本当に微妙なんですよね。このカテゴリで見せられても無リスク&リスク比率くらいしか計算できない。とりあえず無リスク資産もリスク資産も順調に増えてますね。

増加要因

本当はストック(B/S)ではなくフロー(P/L)を把握したいのですが、衝動買いの権化である私がマメに家計簿などつけるわけもなく、フローが把握できない為、増加要因の分析ができませぬ…笑

収入のメインは給与と株式投資

正確な数値はよくわかりません…(;´・ω・)

が、収入源がコレであることは間違いないです。アセットアロケーションの計算は、2000万円に到達した時の以下状況とそれほど変わっていないので今回はパス(アセットアロケーション計算するの面倒くさいんですよねぇ…)。昨年は全体的に株価が上昇した点がよかったですね。

支出のメインは変動費、特に衝動買いと交際費

割と順調に資産が増えているので、支出の見直しは程ほどに。クレカの内訳をザッと見てみました(データが残っているものだけですが…)。

結果、固定費についてはこれ以上削る努力はできぬ。自身の老後&親の介護を考えて「収入の7割程度の暮らしで満足できる生活」を目標にしているので、固定費の中でもQOLの落ちにくいものについてはガンガン減らしています。なんでも減らせばいいってもんじゃないけど、自分の中で「これ要らないんじゃない?」って思ってるものを減らしていけばQOLはあまり落ちない。

結果、私の携帯代は月1,082円(税込)ですし、保険も基本的に健康保険で十分だと思っているので、必要な時期に最低限のものにしか入っていない(本当は、万が一の時に備えて健康保険料を支払っているはずなんだよね。なんか、爺さん婆さんが病院で暇つぶしの雑談する為の制度と化してるように一見みえるけど)。税金の発生する資産も持っていないし、ローンもないので、固定費についてはこれ以上削減できるところがあまりない。

支出の中で多いのがむしろ変動費。特に食費と衣類の支出はもっと減らせそうでした。

服については買ったヤツを大事に使ってなるべく使いまわすようにすればいいだけなので、意識すれば削減できる支出。買った枚数が多かったのですが、服飾関係の費目が、冬に購入したものだけで30万円くらいいってました。ローラじゃないんだからね、もっと減らしたほうが良さそうだね。

あと、とある病気で30万円くらい特別損失を計上(笑)したのですがそれは仕方ないとして…。

あとは食費がかなり多い(交際費含む)。こればかりは如何ともし難い時もありますが、一回の飲み会で1万円は余裕で吹き飛ぶので、あまり意味のない会食は控えたいところですね。特に2次会という代物ね… 2次会ってあまり生産性がないし、終電逃すとタクシーで更に1万円近くおかわりすることになるし。